上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 “瞬間の力”と、言っても瞬発力とは違うような気がします。(専門家ではないので…)たとえば、部分的な筋肉を使って物を持ち上げる力や体を支える力は若い頃よりも今のほうが増していると思います。
 まぁ、それは、定期的にトレーニングに通っている成果でしょうね。
 ですが、それ以外の部分、きっと本当の意味での『瞬発力』だったり持久力だったりはやはり年相応衰えてゆくものですね…顕著なものに『やる気』衰えがあります。
 以前テレビで見た『年齢とともにホルモンバランスが変化することによる、男女別の変化(的な)』で言っていましたが、どうやら、女性は年を経るにしたがって若い頃よりも活発になり、逆に打男性は気持ちが内向きになるのだとか。
 もしかして、あなたの周囲の人を見ていて当てはまる人いるんじゃぁないでしょうか?

 さて。
 他人を見ていると「あの人は〇〇〇だね」と、観察し、現状をピタリと言い当てることは比較的簡単です、しかし、それが自分自身になると分析にはかなりの精神力と経験が必要になりますよね(笑)
 たとえば「今日の私は″気分が落ち込んでいてやる気が出ない・・・”この状態が上述したように歳を重ねたことによっての必然なのか?それとも、季節的なものなのか?それとも、昨日あの子に冷たくされたからなのか?」。
解読には、『思い込み』などという要素も加わって非常に時間がかかり、時にはまったく効果のない薬を飲む羽目になります。
 それと、何より大切なことは、『そんな現状が今の自分にとって良いこと?OR悪いこと?』なのだと私は思います。


 ふとした瞬間に、現在の私は以前の私とずいぶん考えが違うんだなぁ…と、気づかされることありますよね。

 私の例でいうと、『小学校の前の横断歩道に立って旗振りをしている黄色い帽子と緑の腕章をしたおじいさん数人を見て、『でしゃばりの老人が善人面しちゃって・・・本来やるべき機関(たとえば先生だったり、近所の駐在など)の怠慢だ!』などと、万事にたいして理屈っぽく、『権利&義務』で支配された世の中があたかも素晴らしいような考えを持っていました。
 でも、今朝同じ状況を見私が感じたことは、『明文化されて機械の歯車みたいに世の中を構成しても隙間や矛盾が生じる…こうやってその隙間を埋める人がいて社会はうまく回っているんだよね』

 それはきっと、自分が誰かに頼らなければならなくなって来たから見えてきた世界で、本当に必要な感覚なのか?それとも、弱さの表れなのか?
 こうやって、仕事の合間にブログを作成しながら考えてもなかなか答えは出ません。

 でも、これは無理にたどり着いたプラットホームではなく、良い意味自然に流され、なるべくして存在する通過点であって、意地にならなければ以前の良さと今の良さを融合できる。

 人間生きていて見えないものがたくさんあると思います。

 きっかけはどうであれ、これからも少しでもたくさんのものを見てゆきたいなぁと、贅沢なことを考えながらブログを書いてみました。

 
 では、仕事に戻ることにします。

 素敵な週末をお過ごしください。






スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © わんわん is talking to himself. all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。